高いドライヤーと安いドライヤーの違い。

子供
EH-CNA9E-PNろくろ
ろくろ

Panasonicのドライヤー「イオニティ 」の安いタイプと高いタイプの違い。明らかに・・・高いドライヤーの方が髪にもよいみたいですねぇ。

新しくPanasonicのドライヤー「イオニティEH-CNA9E」を購入しました。


パナソニック Panasonic ヘアードライヤー ナノケア ピンクゴールド EH-CNA9E-PN

楽天市場のポイント還元が20%だったのです(笑)

実質、1万4千円くらいで購入したことになります!!

高いドライヤーや・・・。

で、今使ってるのも安くは無いと思うんですが。。

今使ってるPanasonicのドライヤー「イオニティEH-NE2A 」ですがこれです↓

多分ちょっとコンパクトタイプっていうんでしょうか。

髪の多い若い女性にとっては物足りないというか・・・。よくわからないけど、ビジネスホテルとか、出張用にいい系のドライヤーみたいですね。

私はこのドライヤーで充分ですが、女性にはちょっと物足りないのかもしれませんね。

価格の高い人気のドライヤーはやっぱり髪にもよいみたいです。

「もう少しよいタイプのドライヤーがほしい」というリクエストで、結局1万5千円くらいの「イオニティEH-CNA9E」ってタイプのドライヤーを買いました。

なんか、たくさんモードの切替ボタンとかあるみたいです。

なにより、ずっと使っていると熱い風と冷たい風の自動切り替え設定があるみたいです。

なんか「スカルプ」モードというのもあって、抜け毛だったり頭皮のケアにもいいようです。

ハゲ予防にもいいじゃんとか言っていました(笑)

風量設定・温度設定・イオンのあるなし・冷温自動切り替えを選ぶこと

高いドライヤーと安いドライヤーの違いですが、やはり安いドライヤーは風量が弱くて、温度が熱い・・・って感じみたいです。

高いドライヤーって基本的に高機能だと思うのですが、機能があればよいというだけでなく、風量が強くて温度設定も高温すぎないみたいです。

更に最近でいうというところのマイナスイオン?Panasonicならナノイーとかって感じでしょうか?そういうキューティクルを維持するためのものがあるなしはやはり髪のケアにとっては結構大事みたいです。

まぁ確かに熱い温風をダラダラ髪の毛に吹き当てていたら・・・髪へのダメージは大きそうですね。

自分や家族の髪質にあったドライヤー選びをする

くせっ毛だ、髪が太い細いだ、毛量が多いだ少ないだで・・自分にとってよいドライヤーって変わるみたいです。

ただ、ある程度の価格の高いドライヤーだと、色々なモードというか、設定が変更できるし低温、高温、イオンのあるなし、風量設定など調整できるという意味では家族が多ければ多いほど家族の髪質にあわせやすいのかな?と思います。

特に女性が多い家族なら、やっぱり髪の毛のケアだったりセットとかを大事にするでしょうから、最初から機能の少ない安いドライヤーよりも予算内で最も機能的によさそうなドライヤーを選んでおくほうがいいのかなぁと最近感じます。

子供が小さい時はよいドライヤーを使わせても大事にしなかったから、安値帯のドライヤーでいいでしょ!

とか思ってましたが、思春期くらいになると髪の毛のケアとかも大切みたいで、ドライヤーもまぁまぁそれなりのを使わせておくのがいいのかもしれませんね(笑)


パナソニック Panasonic ヘアードライヤー ナノケア ピンクゴールド EH-CNA9E-PN

↑男性、女性を問わず色々な年代の髪質や髪型に応じた使い方ができるみたいです。

髪もケアしやすいとのことですが・・・。ショートカットの男性には必要なかも(笑)

家族が多い方や、女性の方にはおすすめでしょうかねー!

コメント