自転車通学の高校生チャリをイオンバイクで修理!後輪タイヤ&チューブ&ブレーキシュー交換で6000円くらいでした!

子供
ろくろ
ろくろ

高校入学から2年間お世話になっている通学用自転車の後輪ブレーキが急に緩んだ?効かなくなったということで、人生ではじめて自転車の修理、メンテにだしました!

購入先&修理先はイオンの自転車屋さん・・イオンバイク

修理代は6,000円くらいでした。

ってか、楽天市場に出店している(笑)⇒イオンバイク楽天市場店

購入する時は楽天で購入すればよかった!

楽天ポイントが貯まったのに・・・(笑)

ちなみに、高校入試が終わり、合格発表がでたらすぐに通学用自転車を購入しないと、良い自転車はすぐに売り切れますよ!

後輪タイヤ&タイヤチューブの交換&交換作業

近くのイオンバイクまで持ち込んで後輪タイヤとタイヤチューブを交換しました。

後輪タイヤの普通のタイプもあったのですが、25分くらいの時間がかかる距離なので溝の深い、グリップの効くタイヤにしました。

・耐摩耗タイヤ26インチタイプ⇒1,980円
・チュープEV26型(後輪タイヤの中のチューブ)⇒998円
・タイヤ交換工賃(後輪)⇒ 1,700円

このくらいの価格でした。

これに消費税が10%かかりました。

自分で自転車のタイヤ交換ができればいいのですが、やはり通学で使う自転車ですので、プロにお願いして、しっかりとメンテもしてもらいました。

自転車はどちらかというと後輪タイヤの方が摩耗するようです。

日々の自転車の確認は、後輪タイヤの溝の摩耗状態をチェックが大事ですね。

ブレーキシューの交換&交換作業

もともとのメインはブレーキが効かない、スカスカする!ということでブレーキのチェックをしてもらうつもりがタイヤ交換までしてしまったわけですが・・(笑)

ブレーキシューそのものは安くて700円くらい。

そのブレーキシューの交換作業代は400円くらいでした。

自動車と違い、自転車のブレーキシューの部品代と交換代はめっちゃ安かったです。

自転車の前カゴも破損してました!

メッシュタイプ?網目の細かいタイプ?で深い?縦に長いタイプの前カゴです。

自転車の前カゴも購入しようと思ったのですが、奥の深いメッシュタイプ?網目の細かいタイプ?で深い?カゴが店頭には置いていませんでした。

結局、自宅で100円ショップで購入していた針金(黒ゴムで被膜しているタイプ)で取り付けしたら、ガッチリ補強できました。

学生バッグと重たい教科書を乗せるのでやはりしっかりした編み目の細かい前カゴでないと紐?やらいろいろなモノがカゴから飛び出すらしいです。

ですので、学生さんの通学用自転車の前カゴは網目の細かい、しっかりとしたタイプを選ぶと良いですよ!

↓こういうタイプのような網目の細かい、硬くて、奥が深い(高い、バッグがすっぽり入る)タイプが高校生の通学用自転車にはよいみたいです。
また、底も網目で穴が空いていると雨の日などに水が貯まらないのでおすすめです。

↓これ系の前カゴはリュックを載せたり、他の細々したものを入れたら、飛び出したりするようなのであまりよくないみたいですね。

自転車の後部反射鏡(テールランプ)は点滅するLEDライト&ソーラー充電タイプがおすすめ!

↓あと、通学用の自転車だけでなく、子供さんの自転車におすすめなのが「自転車のテールランプが点滅するタイプ」。

ソーラー充電するので安心です。

しかも点滅するタイプだと、夜でも自転車は目立つので通学用の自転車を購入する、子供さんの自転車を購入する際は、是非、LEDテールランプが点滅するソーラー充電タイプも同時に購入してください!

自転車保険は義務に!自転車保険にも加入しておきましょう!

自転車に乗る方は自転車保険加入は必須です。

自転車保険はネットでも通常の自動車保険のように損保会社でも取り扱っています。
私は「あいおいニッセイ同和損保」の個人補償「まるごとマモル」という損害保険に入っています。

↓日本生命のHPにて「まるごとマモル」の説明PDFがありますのでチェックされてください。

https://www.nissay.co.jp/kojin/shohin/ichiran/sompo.html
「まるごとマモル」は本人、子供・配偶者、本人と配偶者の母・父まで補償対象となるんです!これで年間1,990円でした。

かなり安くて補償も充実しているとおもいます。

他にも自転車保険は多くあります。

ご自分が加入されている生命保険会社の損保や、楽天等でも自転車保険はありますので、自転車に乗る子供さんがいらっしゃるなら、必ず自転車保険には加入しておきましょう。

学校からすすめられるPTAや地域の自転車保険等もありますので、それらも検討しましょう。

とにかく、自転車に乗る家族がいる場合は、かならず自転車保険に加入しておきましょう!

 

コメント