【傾聴力】傾聴力を高めよう!傾聴は質の高い人生のための必須スキル!

人生との向き合い方
ろくろ
ろくろ

傾聴は大切な人、寄り添いたいと思う人を応援できる技術です。

傾聴とは、その言葉の通り相手のお話をよく聴くことです。

相手の話す内容に深い関心を持ち、とにかく相手の心情に寄り添うことです。

私自身の中年の危機の時期に、信頼できる方に「傾聴」していただいたおかげで、中年の危機に気づき、成長できたんですよね。

そこから傾聴について学びたいと思うようになりました。


マンガでやさしくわかる傾聴【電子書籍】[ 古宮昇 ]


人は話し方が9割【電子書籍】[ 永松茂久 ]

↑2冊を購入して「傾聴」「人の話を聴く」ことについて、より深く学んでいます。

なかなかできないんですけどねぇ(笑)

「聴く」ということは「聞く」よりも大変な行為です。

傾聴をほんとにできる人は、色々な人から求められ、頼りにされていきます。

人の話をよく聴く人は、逆に人に頼られます!

私も今、傾聴のスキルを身につけるべく努力をしています!

傾聴は大切な人を助けることができる

よく聴く人は男も女も、、モテます(笑)し、人からの信頼を集めます。

世の中のほとんどの人は話を聴いてほしいのです。

アドバイスもいらないし、正しい答えもいらない、ただただ、「話を聴いて、認めてくれ~!!」といっているのです。

当然、ほとんどの人が話を聴いてほしいので、話をしっかりと傾聴してくれる人にニーズも集まりますし、人も集まり、仕事も、お金も集まります。

それほど、世の中の人は話したがるし、聴いてほしいのです。

特に今の孤立社会、ネット社会、コロナ禍の中で「傾聴」ができる人というのは大変貴重な存在となってます。

現実的には、相手の話をよ~く傾聴したあとに、こちら側が話せば、傾聴された側も自分の話を聞いてくれるようになります。

まずは相手の話を傾聴する努力をする、その後にコチラ側が話す。

これがスムーズな大人の会話術みたいですね。

傾聴はカウンセラーの仕事?仕事以外の傾聴はエネルギーを吸い取られる!?

傾聴の技術を使う仕事といえば、人と接する機会が多い仕事だったり、人を直接的に救う仕事の方ですよね。

カウンセラーとか、心療内科のドクターとかもそうですね。

司と部下、大切な友人、親子関係において良好な関係を築くためにも「傾聴」は大切なスキルとなるはずです。

ですが、、、

例えば、仕事以外での知人や深い友人でない人などの愚痴や悪口のお付き合いで「傾聴」なんかをすると・・・コチラがメンタルを病んでしまいます。。

誰でも彼でも傾聴をする必要はないのです。


マンガでやさしくわかる傾聴【電子書籍】[ 古宮昇 ]

↑コチラでも傾聴すべきタイミングのことや、根深い問題についての記載があります。

お仕事として以外で、相手の話を傾聴する場合は相手を選ぶようにしてください。

傾聴して、コチラが病む場合だったり、相手にしつこくされる場合はコチラ側の問題を投影しているからだ・・とあります。

ちなみに・・・

傾聴の専門スキルとしては「産業カウンセラー」を受講することで「傾聴」の実技というか、実際に受講生同士で傾聴技法を磨くトレーニングがあるようです。

是非、チェックされてみてください。

一般社団法人 日本産業カウンセラー協会

私も「産業カウンセラー」無料体験会に参加してみるまではしました(笑)

耳が2つで口が1つの理由。聴くことを多くせよ!まず聴くから!

個人的には私が大切だと思う人、友人、仲間といった方々の相談や悩み、飲み会の席などの場では「傾聴」をしようと、自分を律しています。

まだまだ「傾聴」しつつも、ついコチラ側が話ししてしまうことが多いのですが・・・。

とにかく、意識的に「次に何を言うかを考えない」ように会話して、とにかく傾聴する。

コレに付きます!

常に傾聴を強く意識する。

人間は相手の話に耳を傾けるのではなく、次に自分が何を言うかと考えるようにプログラムされているみたいです。

子供のとき、大人の話に割って入らないと子供の話を聞いてくれない!という信念によって形成された習慣に過ぎないらしいですね。

あと、ユダヤの方々が大切にしている教え?教義?で「タルムード」ってありますよね。

ネットで検索したら、たまたま見かけたのですが・・・やはり「タルムード」の中でも「傾聴」について触れられた部分があります。

人間に6つの役に立つものがある。
そのうち3つは自分でコントロールできないが、残りの3つは自分の力で制御できる。
前者は耳、目、鼻であり、後者が口、手、足である。
耳は二つあるのは何故だろうか。それは自分が話す倍だけ相手の話を聞かなければならないからだ。

やっぱり遠い昔から、とにかく相手の話を聴くこと、「傾聴」をすることはとても重要なこととして認識されています。

まとめ:しゃべるだけの人⇒ちょっとイタイ人(笑)

いや、、ほんとに注意ですよね。。。

人間ってほんとに相手の話に耳を傾けるのではなく、次に自分が何を言うかと考えるようにプログラムされているというのはホントだと思います。

もう無意識ですから、意識的に矯正しなければいけません!

しゃべるのが禁止なのではなく、「傾聴」をしてから相手に寄り添ってしゃべる・・ということをすることなんですよね。

ほんと、私も含めて、人はしゃべりすぎ。

日々、後悔ばかりですよ(泣)

まぁ後悔ばかりしてもしょうがないので、失敗を糧にしっかりと「傾聴」ができるようになりたいと思います!

傾聴については、この2冊でかなり学べるかと思います!

めっちゃおすすめです!


マンガでやさしくわかる傾聴【電子書籍】[ 古宮昇 ]


人は話し方が9割【電子書籍】[ 永松茂久 ]

コメント