【制服シャツの黒カビの落とし方】白シャツ・体操服の黒カビは塩素系のキッチン泡ハイターでキレイに落ちる

家事
ろくろ
ろくろ

体操服や制服のシャツ、下着などの黒カビを落とす方法をご紹介します!

なぜか長女も次女も・・体操服と白シャツに黒カビがはえやすい・・・。

たぶん通学用のサブバックに入れっぱなしにしてるから。

暑い時期の黒カビ発生は要注意です(泣)

白シャツ・体操服の黒カビ落としは塩素系のキッチン泡ハイターで!

他の方のブログで調べたんですが、シャツや体操服の黒カビは「キッチン泡ハイター」で落ちます(笑)

↓ビフォーアフターです。

あくまで「泡」タイプです。長持ちするようです。

黒カビには根っこがあるので、黒カビ部分にキッチンハイターの泡をたっぷりかけて5分くらい放置しましょう。

注意点として、キッチンハイターを利用する前にやることがあります。

・日焼け止め等をしっかり洗い流す(ウタマロせっけんがおすすめ)
・洗濯機にかける
・乾燥させる

※ウタマロせっけんは固形が100円くらいで安いのでおすすめです♪

この後にキッチン泡ハイターを黒カビ部分にしっかりと利用してください。

5分程度キッチン泡ハイターでキレイに黒カビは除去できているはずです。

心配なら10分くらい放置しておいて様子をみてください。

黒カビがきれいにおちたらキッチン泡ハイターはきれいなシャワーの水でキレイに洗い流してください!

そして再度、洗濯をして乾燥させてくださいね。

↑ここ重要です。

もう一度必ず塩素を洗い流すために洗濯をしてください。

 

黒カビを落として、洗濯完了後の体操服がコチラ↑

ちなみに、日焼け止めを使っている場合は、襟元や袖部分をウタマロ石けんでキレイにしておかないと化学反応?みたいな感じで、キッチン泡ハイターを吹き付けた部分が真っ赤?ピンク色に変色しますよ・・・。

シャツの襟元がキッチン泡ハイター(塩素系)でピンク色になった場合の落とし方
ろくろ 長女の制服シャツの襟元がピンク色に変色した時は、かなりビビリました...

日焼け止めとキッチン泡ハイターが混ざると変色してヤバいことになるので、キッチン泡ハイターを使う前に、きちんと日焼け止めを洗い流しておきましょう!

キッチン泡ハイターで黒カビを落とす際の注意点

キッチン泡ハイターは塩素系漂白剤ですので、喉が弱い方などは塩素を臭いで喉を痛める場合があります。バスルームや洗面所で黒カビを落とす場合でも、マスクを着用しておきましょう。

また手荒れの原因ともなりますので、ビニール手袋等も必ず使いましょう。

ほんとに手荒れは大変ですから・・・。

まとめ

子供の体操服やシャツ、下着類の黒カビを完全除去したあとの真っ白さ・・・。

めっちゃ充実感(笑)

というか、何に充実感を感じているのかわからないですが、とにかく黒カビを撃退してやった征服感がありますよ。

というより、黒カビを発生させないようにしてほしいものです(・_・;)

黒カビを発生させないためには、バッグや洗濯機、洗濯かごに長時間放置しないこと、帰宅後や学校でも脱いだらすぐにハンガーで干すことが大事みたいです。

ただ、子どもたちも学校の体育の授業や部活でたっぷり汗かいてるし、バッグの中は蒸せますからね。

もうしょうがないのかなと思い、黒カビ対策用にキッチン泡ハイターとウタマロせっけんをストックしておいています。

以上、何かのお役に立てれば幸いです。

ありがとうございました!

コメント