【えんとつ町のプペル】映画館でえんとつ町のプペルを観た感想。号泣しました(笑)

映画・ドラマ・アニメ
ろくろ
ろくろ

映画館で「えんとつ町のペプル」を観てきました!

3連休明けの朝一番に映画館に行ったら5人くらいで、ソーシャルディスタンスばっちりでした。

ちなみに、映画館までの移動も車⇒イオン内の屋内駐車場で誰とも会わず⇒そのままQRコード決済でほとんど人に接触してません。

映画館内は換気がきちんとされている上で、マスク着用義務。

飲み物も一口か二口しか飲みませんでしたので、ほぼマスクをしていました。で、劇場内は5人くらい。。

映画館の存続にも関わる事態ですね。。

ただ、映画版「えんとつ町のプペル」、とても感動しました。

子どもにも観てほしいと心から思いました。

信じること、愛すること、乗り越えることを教えてくれる

えんとつ町のペプル」の主人公はルビッチという少年と、ゴミから生まれたゴミ人間のペプルとの友情と愛情と冒険の物語です。

まぁ、ざっくりの内容は「えんとつ町のペプル公式サイト」をご覧頂くとして、映画の感想は最高レベルだったと思います。

絵本の内容はざっくりだったけど、映画のストーリーはかなり丁寧に描かれてました。

ちょっとドタバタ劇もあったけど、物語の内容は自分の信じたことを一所懸命にやり抜くこと、愛情を持って人と接すること、想いは強く在り続けること・・みたいな内容に心打たれました。

高校生と中学生の娘がいるのですが、是非映画館で観てほしいなぁと思います。

死別を経験した方にも是非見てほしい映画

「えんとつ町のペプル」は死別を経験した方にも観てほしいと思います。

ベイマックスとかにも通じるものがありました。

「えんとつ町のペプル」の主人公ルビッチはお父さんと死別をしているのですが、お父さんの意思を引き継いで行動していくというストーリーです。

ゴミ人間のペプルとの友情だけでなく、亡き父親の信じた夢をルビッチが信じて行動していくところはとても泣けました(泣)

「えんとつ町のプペル」の絵本はWebで無料で読めます!すごい戦略!

実は「えんとつ町のペプル」の絵本はWEB上で無料で公開されてます。

『映画 えんとつ町のプペル』公式サイト
大ヒット上映中!『映画 えんとつ町のプペル』公式サイト。製作総指揮・脚本・原作:西野亮廣×制作:STUDIO4℃!大人も泣ける大ヒット絵本、ついに映画化!

発売当時、WEBで無料公開しつつ、実際の絵本も販売されていました。

なんで無料かというと・・・

無料での絵本の公開は、「フロント商品」で、「エンド商品」として映画を考えていて、構想時点で最初から映画化を狙っていたそうです!

無料って結局完全に無料ではないですからw

キングコングの西野亮廣さん、、すごい戦略化っすね!

しかも確か、クラウドファンディングでチームで製作したいたはず・・・。

西野亮廣(キングコング)さんのツイッター

最初から「えんとつ町のペプル」のストーリーは10章くらいあって、絵本の内容は3章と4章?とかの内容だったようです。

実際、映画版は絵本版以外のキャラクターや伏線もたくさん登場していました。

私は絵本を読まずに映画を観たのでストーリーそのものを楽しみました!

絵本を読んだ方は、映画版でどこが違うのか、新しい展開なのかをチェックしても楽しいかもしれませんね!

大人の映画料金が1900円になってました(笑)

ところで、、、映画館に行ってとっても驚いたんですが・・・大人の映画料金が1,800円から、1,900円に値上げされていました(・。・;

TOHOシネマズが鑑賞料金を値上げ 一般1900円に

たっっかーーーー!

新型コロナ対策だったり、映画館そのものの維持管理に費用がかかるようです。

昔から「映画を安くで観る方法」を調べて実践しようと思っていたんですが、、ほんとに映画を安くで観る方法を調べて実践しないといけませんね。

映画館で映画を観るのが好きなので、映画館にちょくちょく行きたいけどやはり1900円は高い!!

クレジットカードだったり、映画館運営会社の会員になったりして特典面で得するしかないかなー。

 

 

 

コメント