【後悔したときの考え方】過去の選択や決断に後悔が止まらない、気持ちが苦しい時に思い出してほしい理論!

ライフハック
ろくろ
ろくろ

過去の選択や決断に後悔が止まらない時に思い出してほしい法則があります。それは【プロスペクト理論】です!

簡単に言うと、同じ価値のものを2つ選ばないといけない判断、決断をしたときには・・・得られたものの喜びより、得られなかった悲しみの方が強く感じてしまうという法則です!

これを【プロスペクト理論】といいます。

プロスペクト理論のことを、私はマンガで分かる心療内科2巻で学びました!

なんとなくわかっていたけど、きちんとした理論に基づく法則だったんですね。

Wikiでのプロスペクト理論についてはこちら!

プロスペクト理論 - Wikipedia

同じ価値なら獲得した喜びより失う悲しみのほうが強く感じてしまうという理論

同じ価値なら獲得した喜びよりも、失った悲しみのほうが強く感じるという理論がプロスペクト理論です。

人は目の前に利益があると、利益が手に入らないというリスクの回避を優先し、損失を目の前にすると、損失そのものを回避しようとする傾向(損失回避性)があるということである。

Wikiより参照

人はリスク回避、損失そのものを回避する本能があります。

ですので、人間の本能は

何かを決断したり判断したときに「選択した方で得られた結果・状況」よりも、「選択しなかった方であり得た可能性のある結果・状況」の方が気になったり、後悔しちゃったりしやすいということです。

 

選択した⇒プラスの価値観に基づく行動(リスクを取りに行ったともいえる)
選択しなかった⇒マイナスの価値観に基づく行動(リスクを取りに行かなかったともいえる)

↑上記では選択しなかった方の行動の結果を想像して後悔しやすいよ、ってことです。

転職を例に取ると・・

極端な例ですが、同時期に同じ会社で働いていた同期のAさんとBさんがいたとして、同じ会社へのヘッドハンティングを受け、同じタイミングで転職をするかしないかで悩んでいた場合・・・

Aさんは転職した
転職して得られた結果←今得られている結果だから喜びは普通。

転職せずいた場合に得られた結果←こっちに後悔の思いが強くなるときがある。

Bさんは転職しなかった
転職せず得られた結果←今得られている結果だから喜びは普通。

転職して得られた場合の結果←こっちに後悔が強くなるときがある。

 

こうみると、転職したAさんは転職しなかった場合の価値を考えて後悔する、転職しなかったBさんは転職した場合の価値を考えて後悔する・・。

AさんもBさんもどちらも後悔する可能性があるということが考えられます。

でも、どっちにしても第三者からみたら価値は同じです。

結局、AさんとBさんが、転職した先、残った先で「どう頑張ったか?」とかのほうがよほど大事だってわかりますよね。

転職に限らず、選択や判断をしたあとに困難だったり、苦悩したり、辛いことだったりがあったときに強烈に後悔を感じるときがあります。

現実的には、選択して得られた結果を「小さく感じて」、選択をしなかった方の結果を「大きく感じて」しまっているわけです(汗)

どちらにせよ自分で決めた選択や判断でも「失敗&後悔」はワンセットが当たり前!

人は常に何かを選択したり、判断したりして生きています。

就職でも、転職でも、結婚でも。

得られる結果の価値が大きくなればなるほど、選択や判断に迷いますが・・・。

選択しなかった方のことを考えると、必ず後悔の念を強く感じてしまうのが人間なんです!!

選択する⇒失敗する⇒後悔する・・・。

こういうことって多いじゃないですか。

でも、後悔するって当たり前だとわかっていれば・・・

選択する⇒行動する⇒失敗する⇒後悔する⇒あ、これって当然⇒成長の機会到来⇒また選択に戻る!

という風にも考えていけるわけです。

後悔・・・まぁするよね♪

プロスペクト理論的に♪

とかを相談してきた後輩とかに軽く伝えたら、めっちゃ尊敬してもらえませんかね!?(笑)

後悔したくないから選択しない⇒最強に後悔する選択(笑)

ちなみに、「いやー、やっぱ後悔したり、失敗したらやだしね。。。」

ということで、選択を回避するという選択をしてしまうと・・・必ず時間が経過したときに「あのときにこうしていれば・・・」ということで、大きい後悔がやってきます。

だってプロスペクト理論でいえば、選択をしない、という選択をしたわけですから・・・。

どっちにせよ選択をするときは選択をしないといかんのです!

であれば、他人の意見も聞いたり、いろいろなひとに相談したり、いろいろな占い師に占ってもらったり(笑)しても、自分で決めても・・・同じやで!ってことになります。

そして、自分で決めて一所懸命に行動したことなら、後悔の念がでても、どんな選択も間違いではなく、とても納得がいくということになります!

【成功への法則】選択⇒行動⇒失敗⇒後悔⇒当たり前!そしてまたチャレンジ、そして成功!

何度もいいますが、何かを選択・判断して行動したら失敗と思えることはよく起こります。

そして、失敗したら後悔することもよくあります。

「あーこんなことことなら、こっちを選ばなければよかった・・・」って。

でも、その場合、違うことを選択していても、同じように・・・

「あーこんなことことなら、こっちを選ばなければよかった・・・」と思う可能性があります。

ですので、自分で一所懸命に悩み抜いて選んだなら、それを信じて進んでいけばいいのです。

選んだ方で苦悩したり、失敗したり、うまくいかないことがあり後悔をしても、「あ、プロスペクト理論だ!今、少し後悔しているんだな。」と客観視してください。

選択⇒行動⇒失敗⇒後悔⇒選択⇒行動⇒いずれは成功!(笑)

このサイクルをどんどん回転させていくと、いずれ後悔することがムダだとわかって・・・

選択⇒行動⇒失敗⇒行動⇒いずれは成功!(笑)

で「後悔」という行為が消えていくと思います!

とにかく、「後悔」は「選択」の結果、ほとんどの場合、得られた結果よりも重く感じることがある。

それでも、選択して得られた結果との価値は変わらないのだ!後悔の気持ちだけが大きくなってるだけなんだ・・・と思ってもらえれば嬉しいです!

選択に「正しい」「間違い」はない!
高速でPDCAを回すのみ!

って感じで人生、走り抜けて生きましょう!!

たまに他人と比較して後悔がでてきたら、ゆっくり休んだり、遊びに行ったりしてください♪

コメント