仕事の疲れやストレスで子どもに優しく出来ない→まずは自分のことを許すのが先

心身の健康
ろくろ
ろくろ

ストレスで子どもに優しく出来ない→自分に優しくない→自分を許してない。という方程式だったみたいです。

 

色々な本を読んだり、人に聞いたりすると下記の方程式みたいです。

現状↓

ストレスで子どもに優しく出来ない

自分に優しくてきていない

自分を許していない

解決策は逆説的に考えると(結果の原因を知るってことで)

自分を許していない

自分に優しく出来ない(ストレス時)

子どもに優しく出来ない(ストレス時)

こうなりますね。

ですから、解決策は↓だと思います。

自分を許す

自分に優しくできる(ストレス時)

子どもに優しくできる(ストレス時)

私は↑こう考えて、今実行してます(^o^)

ひとり親になりたてのころ、仕事に加えて慣れない家事、学校行事への参加、地域活動などが重なり、ずっとイライラしてました。

精神的負担と肉体的疲労でストレスはマックス(笑)

結構、子どもにもイライラをぶつけていたと思います。

昨年も長女が高校進学して朝の弁当づくりがきつくて、結構イライラしてました。

○○べき、○○しなければ→できないときは諦める

男性は特に「完璧主義」というか、「○○するべき」という思想というか、思い込みがある人が多いかと。もちろん女性の方でも多いと思うのですが。

ひとり親として生きていくなら、○○べき、○まるでなければという思い込みは手放さなければ、人生が苦しくなる一方です。

母親がいないかわりに、父親がいないかわりに私が頑張らなくては、私がやらなくては・・・。

ひとり親の皆さんは、きっと100%以上の力で毎日を過ごしてます。

もっと、ゆっくり。もっと、リラックス。もっと、深呼吸。

イライラしたら、深呼吸です。

甘いものでも食べて、好きなものをつまんでみてください。

頑張りすぎる→燃え尽き症候群になることを知っておく

ストレスはヤカンの水と同じ。

沸点を超えると、限界を超えて爆発します。

仕事が忙しい、家事がうまく回らない、一生懸命やっているのに子どもたちはダラダラしている(ようにみえる)、誰も助けてくれない・・・なんて思いだしたら、イライラは募るばかりです。

そのイライラが沸点を超えたら、自分にとっても子どもにとっても良いことは一つもありませんよね。

頑張りすぎると、必ずその反動でバーンアウト、燃え尽き症候群になります。

バーンアウトする最大のリスクは、燃え尽きてしまい、そのまま立ち上がれなくなってしまうことです。

イライラ、ストレスがある状態で頑張りすぎることは、結構怖いことだと覚えておいてください。

イライラ、ストレスを発散する方法をいくつか持っておく

一週間の内に一日でも、一日の内に数分でもイライラやストレスを発散する方法を見に付けておくと良いですよね。

心身の健康によくないもので、ストレスを発散してはいけません。

依存症になっちゃいますからね。

SNSでの悪口の書き込み、ドカ食い(たまにはいい(笑))、異性への恋愛・性依存、車のスピードの出しすぎ・・とかはよくないストレス発散ですね。

ランニング、ウォーキング、スポーツ、釣り、ゲーム、友人との会話や食事、ゆったりとしたドライブ、ちょっとした晩酌や飲み屋で軽い愚痴・・・。

そういった、ちょっとした目線を変える行為がいいと思います。

私の場合はストレスを発散する趣味を持っていない・・ってことで、ひとり親になったときかなりイライラとストレスが貯まりました。。

今は、軽く走ったり歩いたり、イラっとしたときは少し外にでて外の空気を吸ったり、月に数回は子どもに留守番をお願いして飲みに行ったりします。

子どもが大きくなったからできるんですが、子どもが小さい間でも工夫して、遠方でなかなか頼みにくいけど親にお願いしたり、友人の家にお願いして自分の時間をもっと大事にすればよかったと思います。

自分を大事にすることを許してなかったんだなと思います。

自分を許すことに慣れていく

イライラしたり、ストレスが貯まるのって、結局「自分を許していない」ということに行き着くのではないかと。

仕事をして疲れてイライラしている
うまく感情をコントロールできない
家事をやらないといけないけどできていない
仕事でいい結果を常に出し続けられない
散らかっている状態が落ち着かない

等々、許せないんですよね。

私も結構許せないタイプなんで、うまくいかないとイライラしちゃって、子どもを叱ったりします。感情的になるんですよね、自分を許せないから、他人も、子どもも許せないという無限ループ。

だから、できるだけ「あ、許せない自分がいるな、しょうがないじゃん、ちょっとはいいじゃん、エネルギーが戻ったらやろう」と言い聞かせていこうとは思ってます。

ってか、ずっとうまくいく完璧?の状態とか、、無理ですから、人間として(笑)

ならぬものは、ならぬのです(笑)←八重の桜です!意味違うなぁ。

まとめ:とにかく許す(赦す)、許すって難しいんですよね

できるだけ早いうちから許す(赦す)というテクニックを覚えたほうがいいと思います。

自分を赦すってことは自分を信じる、愛することに繋がります。

自分を愛するってことは、子どもも他人も愛することに繋がります。

ほんとの赦しのチカラはかなり無限だと感じます。

自分を許していない

自分に優しく出来ない(ストレス時)

子どもに優しく出来ない(ストレス時)

もし↑こんな状態なら、多分、↓こっち側を意識してみてはいかがかと。

自分を許す(イライラしそうな、うまくコントロールできない自分)

自分に優しくする(ストレスをコントロールするために)

子どもに優しくできる(ストレスをコントロールして自分に優しくしてるから)

私は↑こう考えて、今実行してます(^o^)

イライラしてる自分を許す、やれてない自分を許す、ってことができるともっとベストパフォーマンスがだせると思うなぁと思う今日このごろです。

以上、何かのお役に立てたなら幸いです。

ありがとうございました。

コメント