「/(スラッシュ)」スラッシャーへの道!多くの肩書、コミュニティを持つ人材が有望になるらしい。

IT・ガジェット類
ろくろ
ろくろ

ードリー・タンさんが「これからは「/(スラッシュ)」の思考が大事になる」おっしゃっていました。

マイナンバーカートやマイナポイント?を申請しましたが・・・相変わらず難しい上に、複雑・・・。

高齢者だけ・・・というだけでなく、若い人でもやりたくなくなる複雑さですね。。

日本のデジタル化の夜明けは遠いぜよ(笑)

↑幕末風(笑)

一方で、テレビに出演していた台湾のデジタル大臣?オードリー・タンさんが「これからは「/(スラッシュ)」の思考が大事になる」おっしゃっていました。

Au オードリー・タン 天才IT相7つの顔

今後の人材はスラッシャーが重要だよ!ということでしたので、まとめてみたいと思います。

「/(スラッシュ)」スラッシャーになろう!

日本だけでなく、自分自身も破壊と創造の高速回転をしなければいけないと思っています。

オードリー・タンさんは「これからは「/(スラッシュ)」の思考が大事になる」おっしゃっています。

それは高速回転で学習したり、経験したりして、会社員という単一の枠に当てはまらない、色々な肩書やスキル、コミュニティ、知識を持とうということでした。

そして多くの肩書や経験、コミュニティを持つ「スラッシャー」になろうということでした!

スラッシャーは「/」←スラッシュから生まれた言葉だと思いますが、たとえばオードリー・タンさんなら、台湾のデジタル大臣/ITのエンジニア/学者/ビジネスマン等々の肩書やコミュニティを多くもつ、スラッシャーなわけですね。

この多くの肩書を持つこと、多くのコミュニティを横断できるスキルとノウハウを身につけることが今後の必要人材として有望だよ、とおっしゃっていました。

 

 

そして、そのヒントはデジタル化がいかに進むか?だと感じました。

デジタルでもガラパゴスになりそうな日本

進化のスピードが極端に早くなった世界。

その原因はインターネット(通信)の進化とデジタル化ってことでしょう。

インターネットとデジタル化で一気に成長したのが、アメリカと中国、インド、韓国などではないでしょうか。

日本だけがバブル後の30年前後・・・世界から取り残されている感じですね。

ガラケーでガラパゴスになり、スマホ化が遅れた日本。

デジタルシフトもなかなか進まないのですが・・。

アナログ、伝統の良さはもちろんですが、それらのものを大切にしつつ、創造的破壊をしていかなければいけませんね。

このままではデジタル化も進まず、紙の書類とハンコ、長時間出勤、長時間労働、都市部一極集中、少子高齢化も進行していく一方な気がします。。

個人はスラッシャーになるためには?

これからの個人はスラッシャーの時代です。

そのヒントが副業解禁とかではないでしょうか?

会社員という立場は今後なくなるシステムかなぁと考えていますが、最近では会社員であっても副業をしてもいいという雰囲気がでてきましたよね。

一つのことをずっとやり続けている会社員はこれからかなり厳しいのかもしれません。

会社員であっても、色々なことにチャレンジしたりすることはできますよね!

ネットとデジタルを活用して、自宅にいながらスキルを身につけることもできます。

個人的なスラッシャーになるべく、いろいろな肩書を持つための勉強や経験を積んでおきたいですね!

私自身もスラッシャーになるべく、たくさんのことを経験し、学び、アウトプットしていこうと思います!

Au オードリー・タン 天才IT相7つの顔

コメント