Windows10のアカウントやユーザーの意味がわかりにくい!ちょっとわかりやすくしてみた!

IT・ガジェット類
ろくろ
ろくろ

Windows10のアカウントやユーザーって多すぎない?(笑)

Windows10を利用していると・・・なんかアカウントとかユーザーとかが多くてごっちゃになってきませんか!?

Microsoftアカウント、ユーザーアカウント、ローカルアカウント・・・。

Microsoftアカウント、ユーザーアカウント、ローカルアカウントの違いってなんですか?って聞かれたら・・逃げたくなりますよね(笑)

ということで、ざっくり説明してみます。

Windows10のユーザーアカウントとは?

 

Windows10のユーザーアカウントとは、1台のWindows10を使えるユーザーのことです。

この1台のWindows10のパソコンを使う人のアカウントって感じです。

1台のパソコンに複数のアカウントを作成している場合、使用するユーザーを区別するために設定されます。

1台のWindows10パソコンのユーザーアカウント

・Microsoftアカウントを持っている人
・ローカルアカウント(パソコン内で増やしていける)

↑上記2つのアカウントがユーザーアカウントとして1台のWindows10のパソコンに割り当てられるよ!ってことですね。

1台のパソコンを一人で使うならユーザーアカウントも一つで大丈夫です。

仮に1台のパソコンを3人で使う場合は、ローカルアカウント内でユーザーアカウントを3つ作成する必要があります。

・ローカルアカウントは1台のWin10パソコンだけで使える

・Microsoftアカウントは設定すれば、どのWin10パソコンでも使える(ローカルアカウントの権限でユーザーアカウントを割り振る必要あり)

という認識で大丈夫です!

ローカルアカウント

設定した1台のWindows10パソコンでのみ使用できるアカウントです。

管理者権限を持つアカウント(管理者)と管理者権限を持たないアカウント(標準)に分かれます。

Win7くらいまでは「ユーザアカウント=ローカルアカウント」って感じでしたね。

Win10からは

ユーザーアカウト:ローカルアカウント&Microsoftアカウント

になった感じです。

Microsoftアカウント

Microsoft専用のアカウントですね。

Microsoft製品やネット上でのサービスの管理に利用します。

Microsoft製品もクラウド、サブスク対応にしてきたことで、デバイスを横断できるアカウントが必要になりました。

パソコン・スマホを横断するアカウントでいえば、GoogleアカウントやAppleIDのようなアカウントですね。

MicrosoftアカウントでWindowsにサインインすると、PCの一部の設定がクラウド上に保存されたり、Windows10がインストールされているほかのPCにMicrosoftアカウントでサインインした場合、設定が同期され同じ環境で使用したりできます。

Microsoft365など、最新版Officeアプリ、追加のクラウドストレージ、高度なセキュリティなどのサブスクリプションの管理にもMicrosoftアカウントが使われます。

アカウント ヘルプ - Microsoft サポート
セットアップと保護に関する情報、サービスとサブスクリプションの管理に使用する情報など、Microsoft で使用するアカウントのヘルプを表示します。

Windows10を使う場合、Microsoftアカウントもユーザーアカウントという位置づけですね。

まとめ:Win10パソコンのユーザーアカウントは2つある

ということで、1台のWin10パソコンのユーザーアカウントには

ローカルアカウント
Microsoftアカウント

があるってことですね!

ローカルアカウントは1台のWin10パソコンだけで使える

Microsoftアカウントは設定すれば、どのWin10パソコンでも使える(ローカルアカウントの権限でユーザーアカウントを割り振る必要あり)

ということになります!

コメント