【生きる意味・働く意味は?】「世界一やさしいやりたいことの見つけ方」で深く自己理解して自分取説を作る!

ブックレビュー
ろくろ
ろくろ

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方」で人生の目的、仕事の目的、働く意味を自分でしっかり探してみました!

中田あっちゃんのYoutube大学で紹介されていた「世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方」を読んで、しっかりと自分と向き合って人生の目的、仕事の目的、働く意味を探し、自己理解できるように実践してみました。

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方

自分を理解していく=自分をコントロールしていく=自分を大事にして人生を過ごし、働く意義を見いだせる!

という流れで・・人生の目的、働く目的が理解できていきます。

なんとなく今までこうやって生きて働いてきたんだーとわかりました。。

恥ずかしい。。

この本を読むことで自己理解が深まることは確実です。

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方」を読んで、ワークを実践したことで、自分の中の価値観・得意なこと・好きなことを言語化することで迷わなくなりましたから♪

まさしく自己理解ですね!

↓とりあえず、私の人生の目的、仕事の目的、働く意味をご紹介しておきます。

こんな感じで自己理解できた(笑)

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方」を読んでワークを実践することで、下記のような自分の価値観ランキング、得意なこと、好きなことを改めて見つけて言語化できます。

そして、ほんとうの意味で

「何を大事にして」人生や仕事の目的とするのか?
何をすることで働く意味・生きる意味を見出すのか?
人生や仕事の迷いがあった場合、優先順位をどうつけるのか?

がわかりますよ!

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方」の具体的な自己理解をするためのワークはコチラです。

自分の価値観をランキング付けする

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方」では、まず自分の価値観をしっかりと把握するワークをすすめていきます。

まずはしっかりと自分の価値観を探り出して、「人生の目的」「仕事の目的」を言語化します。

人生を通して持っておくべき「アイデンティティ」「目的」「働く意義」がないまま、好きなことや得意なことを仕事にすると、人生がフラフラし、流れやすくなるのです。

ここのワークが最も大事です。

私の価値観ランキングは↓でした。

私の場合は、好奇心が根底にあり、それを満たすために活動、行動、実践していく中でやりたいことや、トラブル、超えなければいけない壁を乗り越えるために頑張る。

頑張って乗り越えたり、解決したり、スキルを身につける中で、組織・仲間・知人・家族が一体化したり、和合していく。

そうしていくとみんな笑顔で明るく幸せな社会、世の中に寄与できる。

だから、まずは好奇心を持って行動することが入り口だ!ということになる!

ハマったら行動しまくり、問題解決して、仲間たちと和合していき、最終的にはみんな笑顔になる!

という価値観を大事にしたいのだと理解できました。

ここの価値観は人それぞれです。

でも、ワークの実践をしていくことで、自分なりに言語化していけますよ!

※まだまだ見直しする必要があると思いますが(笑)

自分の得意なこと(才能)をピックアップする

自分の価値観をはっきりとピックアップし、言語化した次は、「得意なこと・才能を見つけるワーク」を実践します。

やりたいことは次のステップの「好きなこと(情熱)」でピックアップします。

価値観をまとめた後は「得意なこと・才能」を探します。

私の得意なこと・才能(←自分でピックアップしたもの)はコチラです。

 

私の得意なこと、才能があると感じるところは上記です。

自由で、かつ、小さな集団、そのユニットリーダー的な役割で、期限のある大きい目標を小さくステップを踏んで集中して取り組んでいくことが得意のようです。

人の気づかないところに気づく、様々なトラブル解決も得意ですね。

ご褒美もうまく目の前にぶら下げることで瞬間的に頑張って成果をだせそうです。

ただ、すぐ増長しやすい、休みをうまく取り入れられないのでメリハリがなくなるという不得意なところもありますね。

↑これは全部、得意なことを探すワークを実践して気づいた内容です!

自分の好きなこと(情熱)を洗い出す

自分の価値観、得意なこと・才能をピックアップしたあとに、自分の好きなこと・情熱を持てることを洗い出します。

好きなこと・情熱を持てることを仕事にするのは大事です。

が、「世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方」では、一番最後のワークで好きなこと・情熱を持てることを複数出し、価値観・才能を活かせる好きなことを選ぶんです。

そうすることで、「本当にやりたいこと」に導かれます。

↓私の好きなこと、情熱はコチラです。

私の好きなこと、情熱があることは、どちらかというと最先端技術を活用したシステム設計、導入、設定、メンテナンス、トラブル対応のようです。

あと、倫理・哲学・歴史なども好きで、そういった面からカウンセリング、コーチング、教育等も好きそうです。

また、先端技術やテクノロージで情報リテラシーをなくして、日本中や世界の人の社会の幸せのために行動するのが好きそうです。

とちらかというと自分のスキルで社会のお役に立てることにも興味があるようですね。

↑これも全部、好きなこと、情熱があることのワークを実践して気づいた内容です!

価値観⇒得意なこと⇒好きなこと⇒「本当にやりたいこと」の順でフィルターをかけていく

で、私の自己理解マップはコチラ↓

自己理解が進めば、就職、転職だけでなく色々なシーンにおいて決断をするとき、選択を迫られるときの基準となります。

端的にいえば迷わない!

ですので、まずは・・・

自分の人生や仕事に対する価値観

得意なこと・才能があること

好きなこと・情熱を持てること

「本当にやりたいこと!!」

という流れのワークを「世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方」で実践されてみてください。

今の教育・就職・人生でもっともかけているのは、一人ひとりの個性、価値観をしっかりと持つということかなぁと思いました。

まずは自分の人生を貫く価値観を自己理解して置かなければ、土台がないまま才能と情熱を消費してしまいます。

「本当にやりたいこと!!」は自分の中にしかありません。

「本当にやりたいこと!!」を見つけるには、まず「自分って何が大切なのかな?」というところから入るべきなんですよね!

まとめ:自分の中の価値観・得意なこと・好きなことを言語化することで迷わなくなる!

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方」で自分が大切にしている価値観・アイデンティティ、得意なこと・才能を感じること、好きなこと・情熱を持てることをワーク形式で書き出し、それを言語化したことで、かなり自己理解ができました。

47歳になるまで、ぼんやりとしていたものが言語化されてスッキリしました。

自己理解=自分の取扱説明書

ですね!

自分は何を大切にしていて、何が得意で、何が好きで、何をしていたら楽しいのか。

自分はどう生きていくのか・・・そのためにどう働くのか。

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方」で実践して理解した、自分の価値観・得意なこと・好きなことを書き出し、言語化するワークは、中学生や高校生・大学生、社会人まで・・・老若男女問わず、是非チャレンジしてもらいたいなぁと思います。

自己理解=自分の取扱説明書

があれば、人生で為すべきこと、なぜ働くのか?をはっきりとできますよ!

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方

コメント